トップページ撮影記トップ→「なんば線より阪神らしい本線を求めて」


阪神なんば線の開業に一段と注目を浴びなくなってしまった本線
近鉄との相互乗り入れ区間ではない大物で撮影し、本線らしい姿を見直すことに・・・。

真っ先に9000系が登場!! あれ?画質がおかしい・・・。

5000系が登場。またも画質が・・・。

原因はISO画素を400のままであったこと。オートに直して2度目の9000系直通特急

梅田方面を9300系が通過。これも次世代の阪神電車です。

5000系が到着。置き換えられるという噂がありますが・・・

旧世代の2000系。阪神は赤銅車がお似合いです

山陽5000系も他私鉄ですが、近鉄よりは違和感を感じません。

で、ホンチャンの5000系痛車板車。旧来の趣が漂っていますね。

梅田側。更新車といえどもロール幕は「普通」のまま。

そしてHM。運用が定まっているからこその年季物ですねw

旧来赤銅車最後の8000系。今では阪神電車のシンボルです。

8000系同士の並び。阪神電車といえばやはり赤銅車!!

次世代車の9300系。まさに革命児である車体は他に類を見ません。

阪神淡路大震災で導入された5500系。塗装とVVVF制御の革命児はここから始まりましたが、陰によるミス

8000系リニューアル車。ジャイアンツカラーがちょっと・・・。

5030系も車体そのままで増備されるのは珍しいことではありませんか??

そして5000系を撮って場所を移動。

近鉄5800系ですがこの塗装も忘れがたき存在ですね

9820系はシリーズ21の革命児ですね。5820系との違いはパンタだけでしょうか??

第2のホンチャン9000系ラッピング車。田園地帯で撮りたい気持ちもありましたが・・・。

側面ラッピングを詳しく。でも行き先はまだ大阪ですが、それは気にせずに・・・。撤収。


尼崎に戻ったら特急が。高校野球のHMもいいですね。
最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

トップへ 撮影記トップへ