×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ管理人日記トップ→2011年7〜9月ログ

記号のご案内−:動画サイト「You Tube」 :ニコニコ動画(ご覧になるにはアカウント登録(無料)が必要です)

9月19日
最近、このようなニュースを良く耳にします。

「福島応援ショップ中止 批判メール相次ぎ」(毎日新聞<9/13>)
「放射能心配…市民の抗議で福島産花火の使用自粛」(読売新聞<9/19>)

これらに共通することは原因が福島に関係することでした。
原発で汚染されているからとか、放射線をまき散らすなとか、
ほとんど根拠のない苦情を聞いているだけで頭に来るどころか、こんな苦情しか出せないのかと考えると
同じ日本人として非常に情けないとしか言いようがありません。

福島という言葉が悪いんですか。
汚染されていない都市もありますよ。
それでもクレームを言うことは、

あなたの故郷を侮られる事と一緒ですよ。
そして、苦情を言えるくらいなら
どうして一緒に応援する言葉がないのですか。


これは情報化社会がもたらしたひとつの惨劇です。

トップへ