×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ管理人日記トップ→2011年4〜6月ログ

記号のご案内−:動画サイト「You Tube」 :ニコニコ動画(ご覧になるにはアカウント登録(無料)が必要です)

6月25日
長らくご無沙汰しております。
皆さん元気ですか??
私ですか??
すでにバテましたw

いやー、最近は多忙でなかなか私どもこのRLに手をつけられないのが現実なんですね。
一応、トップ画像やブログは更新しておりますが、日記には全くと言ってもいいくらい1ヶ月以上更新しておりませんでした。
これからは少しずつですが更新して参ります。

さて、冒頭の通り現在頭が時折クラッとなるくらいバテています。
先週の木曜日に学校から帰ってきましたが、19時前にもかかわらず全く食欲が出てきませんでした。
これに気づいた母が脱水症状ではないかと気づいて、レモン水と塩に炭酸水と水で割った、
いわば炭酸レモネードをつくってくれて、おかげで大食らいというわけでもありませんでしたが一応回復できました。

母曰く、「水分だけでは確実に倒れる」と。
熱中症対策だけだからと言ってスポーツドリンクで補えるかというとそうではありません。
つまり、水分だけでなく、塩分も必要だと言うことです。

人間は汗をかくとき、水分とともに老廃物だけでなく、塩分も飛ばしてしまいます。
しかし、その塩分を補うにはスポドリでは塩分がほぼ入っていないため全く補えません。
じゃあ、塩分を補うにはどうしたらいいの?と言うことですが、答えは簡単です。

塩そのものを補いましょう。

塩といっても調味料ケースの塩をそのまま口の中に振るわけではありませんよ。
お出かけの際、麦茶やおにぎりに少し塩を混ぜてみましょう。これだけでも対策になりますよ。加減にはご注意を。
あと、持ち運びに便利なのが塩の飴。コンビニやスーパーで販売していますので水と一緒に含むのも対策のひとつ。

ちなみに自家製炭酸レモネードの作り方は、レモン水、塩、炭酸水、水の順に3:2:4:1の割合で、
お好みでシロップを入れると飲みやすくなりますよ。

ではきょうの動画へと移ります。今回は夏ですからね、昔から定番の夏歌として「フォルティッシモ」をお送りします。
ffフォルテッシモ 大友康平 '09秋の富士・本… 著作権侵害により削除

5月7日
この度は急な変更に伴いまして、特にRL関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
このサイトをリンクされている方には紹介文の変更をお願いします。

突然ですが、「75年」
この数字何か分かりますか。


実は日本で最初の冷房装置を導入した鉄道車両が導入されてからことしで75年という数字なのです。
それを日本で最初に導入したのが日本最古の私鉄「南海電気鉄道」です。
昭和11年、当時の阪和電気鉄道(現:JR阪和線)と熾烈な競争を繰り広げている中で生まれた画期的なサービスでした。

しかし、戦時体制が過激化し、更に「冷房は贅沢だ」と批判され、わずか2年で幕を閉じました。
ちなみに戦後初の冷房車は京王5000系や名鉄5500系などと諸説ありますが、南海では1978年と戦後から大きく後れをとって登場しました。

-参考文献-
南海電車 冷房電車導入75年 熱い集客競争が生んだ」産経新聞 (リンク切れ)

きょうの動画は今話題の「ポポポポーン!」をお送りします。
あいさつの魔法 60秒Ver. フル

4月10日
JR西日本 間引き運転解除
朝日新聞によりますとJR西日本では不足する部品について復旧へのめどが立ったことから運転を再開する見通しです。
私の通う大学でも友人がJRから来ているという人がいますので、
12日に控えていた大都市圏の間引き運転に回避できたことに安堵しました。

しかし、安堵するのもまだ早し、次は近鉄が特急や南大阪線系統で6月より間引き運転が実施されるという
南大阪線系統も国鉄車と同じブラシを用いていることから間引き運転をさけることができません。
最近では毎春恒例の「快速急行 さくら号」の運転が中止されたニュースも聞いておりますし、
間引き用のダイヤは長野準急が中心のダイヤとなるようです。

さて、皆様に重要なお知らせがあります。それは、なんと・・・・、
ハンドルネーム 戻します。
いったいどういうことなのかと申しますと、私は今「Junber」と名乗っておりますが、
そのハンドルネーム(以下、HN)を初期のこうや豆腐に戻します。
変更の理由といたしましては、以下の通りです。

・皆様から豆腐で呼ばれている機会が多いこと。
・ユーザー名で私以外に「Junber」が使われていること。
・閲覧者から読みづらいというご意見が来ていること。
・今のHN以外にも「こうや豆腐」を使う機会が多いこと。

リンクを繋げていらっしゃる方には恐れ入りますが、弊HPの紹介文を変更して頂きますよう、よろしくお願いします。

弊HPにつきましては管理するファイルの関係上、変更に少しお時間を頂く場合があります。
変更されていない箇所につきましては予めご了承願います。

それではきょうの動画です。
今回はFNS歌謡祭でも話題となった主人公をお送りいたします。
主人公 さだまさし 私花集

トップへ